土壌汚染対策

技術・ソリューションTechnologies · Solutions

  1. ホーム
  2. 土壌汚染対策
  3. 技術・ソリューション

技術・ソリューション概要

VOCs汚染、重金属汚染、油汚染それぞれの浄化技術を紹介します。

VOCs(揮発性有機化合物)浄化技術

VOCs(揮発性有機化合物)浄化技術としては、地下水の拡散防止として鉛直遮水壁による原位置封じ込めや地下水揚水処理(鉛直井戸及び水平井戸で汚染地下水を回収)、透過性地下水浄化壁などの技術があります。また、恒久対策としては、VOCsを原位置において微生物的にあるいは化学的に無害な物質までする技術や化学反応による水和熱や直接的に加熱するなどにより揮発させて抽出する技術があります。

詳細はこちら >

重金属浄化技術

重金属の対策技術としては、汚染の拡散防止として原位置封じ込めや地下水揚水(鉛直井戸及び水平井戸で汚染地下水を回収処理)、透過性地下水浄化壁の技術があります。また恒久対策としては、分級洗浄処理、固化・不溶化処理などの技術があります。固化・不溶化処理は、掘削後にオンサイトで不溶化し埋め戻す不溶化埋め戻しと、シアンについては好気性あるいは嫌気性の微生物分解により無害化する技術があります。

詳細はこちら >

油浄化技術

油(ガソリン、灯油、軽油、重油、機械油など)は、土壌汚染対策法の適用対象外ですが、油が漏洩(ろうえい)して土壌や地下水が汚染した場合、土地所有者にとって油膜・油臭などの生活環境上の問題を起こします。
浄化技術としては、オンサイト処理や原位置処理にて、微生物分解や化学酸化などの分解技術と、化学反応による水和熱や直接的に加熱するなどにより揮発させて抽出することで無害化する技術があります。

詳細はこちら >