技術・ソリューション

重金属浄化技術Heavy metal purification technology

不動テトラの重金属浄化技術

バイオレメディエーション(シアン汚染浄化)

バイオレメディエーション(シアン汚染浄化)

シアン汚染浄化のバイオレメディエーションとは、特殊栄養剤(生分解性)を添加することによって、現地のシアン分解菌を増殖させて原位置浄化を行うバイオ技術です。

詳細はこちら >

吸着層工法

吸着層工法

吸着層工法とは、重金属等を含む掘削土、ズリ等からの浸出水を吸着層に通過させることにより、環境に影響のない水質にして地下水浸透水または表流水として排出する工法です。
吸着材は、現場で使用する条件(重金属の種類、溶出量、pHなど)でバッチ試験やカラム試験を行い、当該現場に適した吸着材を選定致します。

詳細はこちら >

不溶化工法

不溶化工法

不溶化工法とは、重金属を含んだ汚染土壌に不溶化材を混合することで、有害物質の地下水への溶出を防止する技術です。
重金属類の汚染全般に適用でき、安全で無害な薬剤を使用致します。不溶化材は、事前に室内試験結果や現場の土質条件等に基づいて選定し、専用機械により汚染の深度に応じた混合攪拌を行います。

詳細はこちら >

分級洗浄

分級洗浄

分級洗浄法とは、汚染土壌を洗浄し、粒径により分級することで汚染物質が多く付着している細粒分を土壌から分離することにより汚染土壌を浄化する技術です。

詳細はこちら >

透過性地下水浄化壁

透過性地下水浄化壁

透過性地下水浄化壁とは、汚染領域の下流側に透水性が原位置の帯水層と同等かそれ以上の透水性を有する浄化壁を地中に設置します。汚染された地下水がこの浄化壁を通過する際に有害物質が除去されることで対象地からの汚染地下水の拡散・拡大を防止する技術です。

詳細はこちら >

原位置封じ込め工法

原位置封じ込め工法

原位置封じ込め工法とは、遮水壁により汚染物質を封じ込める工法です。汚染物質が存在する土壌の側面を不透水層まで鋼矢板等の遮水壁で囲み、周辺土壌や地下水への溶出を防止します。第二溶出量基準不適合の土地については不溶化等の処理を行い、基準に適合させた上で行う必要があります。

詳細はこちら >

地下水揚水

地下水揚水

地下水揚水とは、汚染地下水をくみ上げることで、地下水に溶出した特定有害物質を回収する方法です。くみ上げた汚染地下水は水処理設備で処理し排水基準に適合させたうえで公共用水域や下水道等に放流します。

詳細はこちら >